コンテンツ

数字で見ても、『なるほど』スーパージェットファイバー

スキマができない施工法だから断熱力が違う!

 

 

どんなに断熱しても、断熱材の間にスキマがあれば、そこから快適温度は逃げてしまいます。

スーパージェットファイバーは従来工法のそんな悩みを解決した優れた断熱工法なのです。

 

天井断熱の隙間が5%で、効果は50%もダウン。


スキマが生じてしまう従来の断熱工法と、スキマがないスーパージェットファイバーの断熱で、どのくらい違うのかを比べる実験をして、その結果を目で見てわかるサーモグラフィーで撮影してみました。

 

温度差が家の大敵

 

スキマは断熱の敵。5%のスキマで効果は50%もダウン。

 

天井断熱

 

 

 

 

   

熱伝導率W/(m・K)

断熱材の厚さ

熱抵抗値(㎡・K)/W

天井 スーパージェットファイバー25K 0.040 200mm 5.0
吹き込用グラスウール13K 0.052 200mm 3.8
吹込用ロックウール25K 0.047 200mm 4.3
スーパージェットファイバー50K 0.040 105mm 2.6

吹付けウレタンフォームA社

0.038 85mm 2.2

 

 

スキマあるなしでこんなに違うんです!

 

1000℃のガスバーナーで1分間燃やしても、表面は炭化しただけで、中はそのまま。


スーパージェットファイバーはしっかりと難燃しょりえおほどこしてあるので燃えにくく、炎をあてても表面が炭化していくだけ。

万が一火災が発生しても、延焼を遅らせる効果もあって、さらには天然素材なので有毒なガズの発生もありません。

 

燃焼中

【燃焼中】

燃焼後

【1分間燃焼後】

 

 

100dbの防犯ベルの音が、日常会話程度の54dbに。


スーパージェットファイバーで作った実験箱の中に100db(デシベル)の防犯ベルを入れてみました。

フタをすると、54dbまで吸音してくれました。スキマがないと、音もシャットダウン。

熱でも同じことが言えます。

 

防音BOX CF蓋なし

【何もしない場合93db

防音BOX CF蓋あり

【スーパージェットファイバーで蓋をした場合54db

 

 

 

飛行機の離着陸

新幹線の騒音

新幹線の音

掃除機の音掃除機の音 日常会話日常会話
110db 90db 70db 50db

 

 

  • 日本製紙木材株式会社
  • JET スーパージェットファイバー
  • facebook
  • twitter