断熱施行

断熱施行

スーパージェットファイバーの3パワー、3メリット

 

スーパージェットファイバー

 

MERIT 1 地球に生まれるメリット

 

地球に生まれるメリット

 

1.主原料は新聞古紙だから省資源

新聞販売店などで売れ残った新聞古紙を主原料としたリサイクル商品です。 限られた地球の資源を有効利用し、住宅の省エネルギーに貢献します。

2.乾式製法だから省エネ製造

一般に使用されているガラス繊維断熱材を製造するために使用する製造エネルギーに比べ、 約1/5の製造工ネルギーでつくることができます。すなわち、リサイクル資源を省エネルギー で提供できる理想の断熱・吸音材です。

グリーン購入法特定調達品目 グリーン購入法特定調達品目 グリーンマーク(第64号)

 

MERT2 お住まいに生まれるメリット

 

お住まいに生まれるメリット

 

1.冷暖房費の節約

断熱をしていない家では、暖房の熱が天井壁床窓からの80%も逃げ、冷房時でも70%の熱が侵入します。しっかりした断熱をすることで、冷暖房費の節約ができます。

2.快適な住まい

お部屋間や室内の上下温度差が少なくなり、快適に過ごせます。また、吸音効果もありますので、 プライベートな音の漏れや屋外の騒音の侵入を和らげます。

3.健康な住まい

隙間なく断熱化することで結露を防止し、アレルギー原因のひとつであるカビの発生を 抑えます。

4.家が長持ち

壁の中での結露は、木材の腐朽や建材の劣化の原因です。結露を防ぎ、家を長持ちさせます。

 

MERIT3 工務店さんに生まれるメリット

 

工務店さんのメリット

 

1.現場で確実な工事

住宅の耐久性・快適性などに重要な断熱です。断熱工事は専門業者が施工から完了報告まで しっかりした工事を行います。また、自由に厚さが設定でき、次世代省エネ基準レベルもあっ という間。バラ綿状なので施工箇所の形状に影響されません。

2.短時間で施工

天井は約3時間、壁は2~3日で施工ができます。(施工現場により異なります) また、天井は点検口があれば、リフォーム断熱工事としてもご利用になれます。

3.端材が出ない

バラ綿状の断熱材ですから、必要量のみ使用し、現場での廃材が殆んど発生しません。

4.断熱材の在庫管理不要

施工店が材料を持ち込んで工事をしますので、断熱材の在庫管理の手間がはぶけます。

 

 

 

スーパージェットファイバー

吹き込み工法(ブローイング工法)

もはや、高断熱住宅にはブローイング工法は必要アイテム

天 井

●施工方法 【登録施工店】

 

吊り木や野縁などでは天井は複雑な構造です。吹き込み工法だからこそ天井板に 密着して隙間なく確実な断熱工事ができます。

 

スーパージェットファイバー

【施工中】

 

壁・床・屋根

 

専用シートを貼り、高密度で隙間なく吹き込み施工。

 

スーパージェットファイバー

【専用シート貼付作業】

スーパージェットファイバー

【吹き込み作業】

 

●断熱性

 

部位 天井 屋根・壁床
密度(kg/m) 25±4 55±5
熱伝導率(W/m・K) 0.040

吹き込み用断熱材のトップを誇る“断熱区分C”

断熱性

 

 

 

●吸音性

隙間がない施工は、吸音効果も得られます。間仕切りなどに施工することで、家族 の快適な空間を守ります。

●隙間は危険

「優れた性能をもつ断熱材よりも、隙間をつくらない施工が大切。

 

天井と隙間の関係

 

【スーパージェットファイバーの場合】

スーパージェットファイバーの場合

隙間率 0% 5% 10%
性能比 100 56 13

【マット状断熱材の場合】

スマット状断熱材の場合


マット状の断熱材では、どうしても隙間が

生じて断熱材の効果は激減してしまいます。

 

壁内と隙間の関係

 

施工状態

壁内と隙間の関係1

壁内通風がなく、良い状態

壁内と隙間の関係2

寸法が著しく大きく押し込みすぎた状態

壁内と隙間の関係3

寸法が小さく柱との間に隙間が出来た状態

性能性 100 84 67

 

 

●平成25年
省エネルギー 基準

平成25年省エネルギー基準は、「外皮性能」と「一次エネルギー消費量」の基準が設け られました。外皮性能の評価方法は、「性能基準(計算ルート)」と「仕様基準」の2つに 分けることが出来ます。

評価方法 告示 外皮面積の算出 各部位の熱貫流率の算出 各窓の日射熱取得率の算出 部位間の性トレード

性能基準

(計算ルート)

建築主等の判断基準 熱的境界を部位別・方位別 各部位を計算

窓毎に取得日射量補正係数

を勘案

可能
設計施工指針(本則) 同上 部位別仕様表による 同上 可能
仕様基準 設計施工指針(附則)

熱的境界全体の面積、

開口部面積合計、床面積

上記に加え、

断熱材の熱抵抗値で可能

不要。仕様評価

不可

 

※一時エネルギー消費量は、算定プログラムをご利用ください。

 

地域区分

区分 都道府県
1地域 北海道
2地域
3地域 青森県、岩手県、秋田県
4地域 宮城県、山形県、福島県、栃木県、新潟県、長野県
5地域 茨城県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、 富山県、石川県、福井県、山梨県、岐阜県、静岡県、愛知県、 三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県
6地域
7地域 宮崎県、鹿児島県

 

開口部比率の区分

 

1~3地域 4~7地域   区分
0.07未満 0.08未満 (い)
0.07以上0.09未満 0.08以上0.00未満 (ろ)
0.09以上0.11未満 0.11以上0.13未満 (は)
0.11以上 0.13以上 (に)

 

 

開口部の断熱性能の基準値 W/(㎡.K)

 

  1~3地域 4地域 5~7地域
(い) 2.91 4.07 6.51
(ろ) 2.33 3.49 4.65
(は) 1..90 2.91 4.07
(に) 1.60 2.33 3.49

 

 

外皮平均熱貫流率の基準値 W/(㎡.K)

 

地域区分 1,2地域 3地域 4地域 5~7地域
外皮平均熱貫流率(UA値)  0.46  0.56  0.75  0.87

 

 

【仕様基準】熱抵抗値から求める厚さ 熱抵抗値:㎡.K/W(厚さ:mm以上)

 

部位 1.2地域 3地域 5~7地域
屋根 6.6(265) 4.6(185)
天井 5.7(230) 4.0(160)
3.3(135) 2.2(90)
外気に接する床 5.2(210) 5.2(210) 3.3(135)
その他の床 3.3(135) 3.3(135) 2.2(90)

土間床等

の外周部

外気に接する床 3.5(140) 3.5(140) 1.7(70)
その他の床 1.2(50) 1.2(50) 0.5(20)

 

 

 

十條ジェットファイバー

吹き付け工法(スプレーオン工法)

 

基本仕様

  • 熱伝導率0.040W/m・K 施工密度50~60kg/m
  • 標準施工厚:15・25mm(特殊厚~50mm) 色:グレー・ベージュの2色
  • 仕上がり:繊維吹付けで凹凸(コテ押さえ別途工事)
  • 施工方法: 圧送された接着剤とファイバーを専用のスプレーノズルで吹き付け、施工面に直接固着させます。
【S-B】

S-B1

【施工中】

S-B2

【施工後】

【S-G】

S-G1

【施工前】

S-G2

【施工後】

 

 

断熱性 結露防止

 

繊維の絡み合いと繊維内の空気胞により、優れた熱伝導率をもちます。また、折板裏への貼付タイプに比べ、高い熱抵抗値を確保することができ、断熱・結露防止に効果的です。

■折板裏断熱材の熱抵抗値
  熱伝導率(W/m・K) 厚さ 熱抵抗値
十条ジェットファイバー吹付 0.040 15mm 0.38
25mm 0.63
ガラス繊維裏貼材 0.028 5mm 0.18

 

吸音性

 

吸音性

 

軽くて、やわらかい木質繊維は、優れた 吸音性を持っています。

屋内の残響音 対策や雨が折板屋根をたたきつける音の防音対策などに効果を発揮します。

 

剥離強度

十條ジェットファイバーは、自重の100倍以上の接着強度をもち、折板屋根のタワミや振動によって剥離して落下することはありません。
 (試験:東京都立産業技術研究所)

 

 

屋根の 結露防止で テナントや 工場などで

工場(結露防止)

工場(結露防止)

体育館(吸音)

体育館(吸音)

 

 

  • 日本製紙木材株式会社
  • JET スーパージェットファイバー
  • facebook
  • twitter