注目の家も断熱が決め手

創エネハウスも省エネハウスも、断熱があってこそ。

創エネハウス

太陽光発電や家庭用燃料電池など、今注目の創エネハウスや、日差しや風などの自然エネルギーを取り入れるパッシブデザインハウスも、しっかりと断熱されていることが前提です。

 

太陽、風、緑のチカラを取り入れるパッシブデザイン設計

 

省エネルギーの家。それはこれからの家に求められる基本スタイル。

エアコンや暖房機器、給湯機器など暮らしの快適を支える機器は、昔と比べて格段と省エネ性がアップしています。

さらには太陽光発電や家庭用燃料電池など、エネルギーをつくる「創エネ機器」も急速に普及しています。

また、陽射しの暖かさや、風の心地よさ、樹木の木陰や植物のクールダウン効果を「家の快適」に取り入れたパッシブデザイン設計など、人工的な機器に頼り過ぎないで快適に暮らせる家など、家のあり方も大きく変わってきています。

こうした動向の背景には、石油などの1次エネルギーの枯渇問題や、地球温暖化、そして今や私たちにしっかりと根付いたエコ意識があるといえましょう。

 

省エネルギーの家1

屋根の深い庇が上から射す夏の陽射しを遮り、庇の落葉樹が木陰をつくる。

省エネルギーの家2

低い位置から指す冬の陽射しを取り入れて暖かく。落葉樹も葉を落として陽光を遮らない。

省エネルギーの家3

下から上へ風を抜く。気流が動きやすい高低差の温度差をうまく利用する。

省エネルギーの家4

北からの風を防げる位置に常緑樹を植えて防風の役割を果たすように考慮。

 

 

そこで決めてになるのが「×(カケル)断熱」です

 

✖断熱

 

 

省エネルギーの家。それはこれからの家に求められる基本スタイル。エアコンや暖房機器、給湯機器など暮らしの快適を支える機器は、昔と比べて格段と省エネ性がアップしています。

さらには太陽光発電や家庭用燃料電池など、エネルギーをつくる「創エネ機器」も急速に普及しています。

また、陽射しの暖かさや、風の心地よさ、樹木の木陰や植物のクールダウン効果を「家の快適」に取り入れたパッシブデザイン設計など、人工的な機器に頼り過ぎないで快適に暮らせる家など、家のあり方も大きく変わってきています。

こうした動向の背景には、石油などの1次エネルギーの枯渇問題や、地球温暖化、そして今や私たちにしっかりと根付いたエコ意識があるといえましょう。

 

省エネ型エアコンと断熱効果をあわせれば87%もの暖房費削減に!

 

グラフ

 

 

断熱はあとから取り替えることができません。

 

リフォームのコスト

 

一度施工してしまった断熱材は取り替えることができません。断熱材は、家の性能を大きく左右するもの。しっかりこだわって選びたいものです。

 

 

 

  • 日本製紙木材株式会社
  • JET スーパージェットファイバー
  • facebook
  • twitter