コンテンツ

生涯コストを比べると・・・

断熱をしっかりすれば生涯コストも大きく変わります!

 

生涯コスト

しっかり断熱した家なら、快適温度が保たれるので冷暖房も必要最低限で済み、大きな省エネになります。

その効果を家の生涯コストで比べてみると、驚くほどの大きな差になるのです。

 

断熱が「家の燃費」を高めます。

 

80%

断熱をしていない家では暖房の熱が80%も逃げてしまいます。

年間の冷暖房費に換算すると、なんと、半分も違ってしまうのです。

これでは省エネどころではありません。夏も冬もエアコンをフル稼働。

そんな調子で20年、30年と暮らしたら、相当な額の光熱費が無駄にかかってしまいます。地球環境のためにもよくありません。

 

家の生涯コストで比べてみると・・・

 

まったく断熱していない家と、現代の省エネ基準を満たす家では、年間の光熱費が8万円も違います。

これにエアコンなどの初期投資にかかる数十万円。さらに10年ほどの機器の寿命を考えれば、初期投資額×2~3回の買い替えが必要になります。

新築時にしっかり断熱された家を建てれば、このような余計な冷暖房費と設備費にお金をかける必要もありません。

 

たとえば30年間で比べるとこんなに違う!

  断熱をしてない家に暮らすAさん きちんと断熱をしている家に暮らすBさん
冷暖房費 13万円/年×30年 390万円 5万円/年×30年
設備費

断熱されてないので大きなエアコン3台必要

エアコン3台40万円×3回買い替え120万円

断熱されているので小さなエアコン1台でOK

エアコン1台20万円×3回買い替え60万

合計

合計510万円

しかも・・・温度差のある快適じゃない家に30年

合計210万円

しかも!温度差のない年中快適な家に30年で+笑顔+健康+快適

 

  • 日本製紙木材株式会社
  • JET スーパージェットファイバー
  • facebook
  • twitter