コンテンツ

十條ジェットファイバー

吹き付け工法(スプレーオン工法)

 

基本仕様

  • 熱伝導率0.040W/m・K 施工密度50~60kg/m
  • 標準施工厚:15・25mm(特殊厚~50mm) 色:グレー・ベージュの2色
  • 仕上がり:繊維吹付けで凹凸(コテ押さえ別途工事)
  • 施工方法: 圧送された接着剤とファイバーを専用のスプレーノズルで吹き付け、施工面に直接固着させます。
【S-B】

S-B1

【施工中】

S-B2

【施工後】

【S-G】

S-G1

【施工前】

S-G2

【施工後】

 

 

断熱性 結露防止

 

繊維の絡み合いと繊維内の空気胞により、優れた熱伝導率をもちます。また、折板裏への貼付タイプに比べ、高い熱抵抗値を確保することができ、断熱・結露防止に効果的です。

■折板裏断熱材の熱抵抗値
  熱伝導率(W/m・K) 厚さ 熱抵抗値
十条ジェットファイバー吹付 0.040 15mm 0.38
25mm 0.63
ガラス繊維裏貼材 0.028 5mm 0.18

 

吸音性

 

吸音性

 

軽くて、やわらかい木質繊維は、優れた 吸音性を持っています。

屋内の残響音 対策や雨が折板屋根をたたきつける音の防音対策などに効果を発揮します。

 

剥離強度

十條ジェットファイバーは、自重の100倍以上の接着強度をもち、折板屋根のタワミや振動によって剥離して落下することはありません。
 (試験:東京都立産業技術研究所)

 

 

屋根の 結露防止で テナントや 工場などで

工場(結露防止)

工場(結露防止)

体育館(吸音)

体育館(吸音)

 

 

  • 日本製紙木材株式会社
  • JET スーパージェットファイバー
  • facebook
  • twitter